モノリズム雑記

【委託先】
メロンブックス:https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=49250
BOOTH:https://sssmzk.booth.pm/

【参加予定】
2020/09/20...ALL STAR 12
2020/10/11...第16回 東方紅楼夢
2020/11/29...刻印の誇り 10

【連絡先】
twitter:@sssmzk
mail:littlered.jm★gmail.com
スポンサーサイト



  1. 2020/05/17(日) 23:29:00|
  2. 未分類

20200629

2つのイベントに申し込みを済ませたのでお知らせです。

●2020/09/20
ALL STAR12
A-type.png
こちらは5月に出す予定だったヒルマリ本の予定です
今のところはわりかしシリアスめな感じ。

●2020/10/11
第16回 東方紅楼夢
013.png
こちらは蓮メリ本の予定。
ガッツリ百合というよりは概念的な雰囲気漫画になりそうです。

当初は秋季例大祭のほうに申し込む予定でしたが
諸々ありまして紅楼夢に申し込みました。大阪楽しみです

ご時世的に色んなことが難しくなってはいますが
少しずつ元に戻っていけるといいですね。
昨年に気が狂ったようなペースで本を出していたので
そろそろ本を出してイベントに行きたくて仕方ないです。
イベント会場の淀んだ空気で深呼吸したい
  1. 2020/06/29(月) 23:27:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

20200607

椎間板ヘルニアからの復帰後のトレーニングを兼ねて買ったんですよ、
何かと話題のリングフィットアドベンチャー。
あのゲームすっごい、ポジティブさで人を動かす事に長けている。
お陰で肩回りが随分楽になってきました。

いや本当にそういう建前で買ったんですよ。
運動はしないといかんがジムに通うまでがハードル爆高、ジムに行ったとして周りの視線が気になってしまう、などなど典型的な運動嫌いなので自宅で一人遊べるという点が何よりも魅力だったんですよね。
本当、すごい魅力的ですよね。いや本当。
続きを読む
  1. 2020/06/07(日) 19:15:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

20200518

心を落ち着けるには感情のアウトプットが良いと思っているのですが如何せんツイッターはそういった方向に不向きなので十何年ぶりかにブログを作りました
基本的に活動のことなどを書くよりも本当にただの独り言です

昨年末から今月頭にかけて、本当に呪われているのか!?という勢いの不運が重なり続けた結果ごく普通に病み、最近は徐々に回復していこうとしているところです
ようやく机に向かって絵を描いたりといった元気は出てきたので気長に治すか原稿で自分を追い込んでの荒療治になる予感。
絵を描くって本当に余裕がないと向き合えない趣味になりつつあるので考えようによっては本気でコスパ悪いな~~~!!とよく思っています。

回復に向かうまでに何をしていたかと考えてみたら、ゲームばっかりやってたんですよね。あつ森。
食欲も睡眠欲も希薄になっていたのでそういった概念を考えなくていいもの、単純に癒されるものをと求めたところ丁度良く発売したばかりのあつ森。優しい世界だなも
色々な方のあつ森配信を見ながら自分もあつ森をやって虚無感を誤魔化したりしてなんとか保っていました。不眠もだいぶ良くなったよ。

そして徐々に回復してきたところでどうしても出てくるのは
「しばらく絵描いてない」
この謎の焦燥感。
何かしら創作をした事のある人の大多数がこの感覚に襲われたことがあるかと思うんですが、自分もそれです。完全に趣味でやってるはずなのに発表する場に出し始めると謎の義務感が出てきてしまうんですよね。
そんな状態で何か描こうとしてもまともに描けるはずもなく、そしてまた焦りだけが残っていく悪循環。
創作ってどう考えても足枷にしかならない趣味なんですよね
なまじ何かを作り出すことができてしまうのが悪いんですよ、作らなきゃと思ってしまうのがよくない。創作が楽しいと思っている面もありますが「そう思わないとやってられない」部分がどうしても出てきます。
人によって差があることはもちろん理解しています。楽しくないなら描かなきゃいいというのも「仰る通り」と思っています。
そこまで理解しておきながら辞めない理由といえば、「今までに他のことをやってこなかったから」「自分からこれを取ると残るものが無いから」という実に後ろ向きな動機。
だからと言ってそれで食べていけるだけの技量なのかと問われればそうでもない、というところがまた後ろ向きを加速させますね。
そんな後ろ向きの中になんとか「これを表現したい」という前向きなところを拾い上げて育ててやっと作品が出来るので、ひとつの作品に対して消耗が大きすぎるんです、コスパが悪すぎる。
描くことは好きですが、それ以上に枷や呪いと化している部分が大きくて、そういうものだと割り切るのも段々と難しくなってきました。多分自分に対する期待が大きかったり変にプライドが高いのが良くないのですが。
だからといって自分への期待を止めると本当に何もできなくなってしまう人間なので、常々自分の面倒臭さを痛感しています。

これだけうだうだと創作への愚痴を言っていますが特に辞めたいわけではないです。毎度考えていることの再確認と言いますか、面倒だし苦しいものなんだと覚えておかないと忘れてしまうのが怖いんですよね。
創作は楽しい!というところばかり自分の中で大きく育ててしまうと、いざ作業に向かった時、「楽しくない」と思ってしまうと落差が激しくて駄目になってしまうと思うんです。
創作はもちろん楽しいけども、それ以上に自分へ降りかかる呪いが重すぎる。

多分こういったことは同じ趣味の友人であったり、気心の知れた仲であればこういった感情を共有して呪いの側面を軽減することは可能だと思います。
そんな友人いれば苦労せんわ~~~~いって話ですが。
それ以前に自分は人と感情を共有する、人を頼るというのが絶望的に下手なので毎度こうしてどこかへネガティブに書き綴らなければなかなか消化ができない質なんですね、生きるのが下手なタイプ

思いつくままに書いているのでなかなかに支離滅裂ですが、だいたい今書きたいことは書いたかなといった気分です。
好きは呪い、身に染みます。
  1. 2020/05/18(月) 01:28:55|
  2. 未分類
  3. | コメント:0